久しぶりにピアノを弾いた

ピアノは物心がついたときに既に弾いていました。恐らく4歳くらいの時からだったと思います。
小学生の時はピアノを弾くのが楽しくて、習っていない曲でも自分から弾いていました。難易度の高い曲でも、だんだん弾けるようになってくるのがとても楽しかったです。 Read more →

水道屋の息子である同級生の話

浄水器の広告をみるたびに、思い出すことがあります。それは中学の同級生にいた、水道屋の息子さんのことです。
ある日の国語の授業で、自分の父親の職業を紹介する短いスピーチを考え、みんなの前で発表することになりました。皆思い思いに発表していきました。
例えば、「僕のお父さんは人の命を守る仕事をしています。お父さんは病院にもガスを配達するからです」 Read more →

水にもこだわっていく、新しい茶道の伝統

私の知人の一人は茶道に造詣がある方で、会う度に茶道の稽古についていつも話を聞かせてくれます。
その中で、ミネラルウォーターを使ってお稽古をした話を聞かせてくれました。
いつもは水道水を使った稽古だそうなのですが、ミネラルウォーターを使うとお茶の味がどうなるのか気になったその方は、その日の稽古にミネラルウォーターを持ち込んだそうです。そしてお茶をミネラルウォーターで点てたそうです。
Read more →