「メルカリ」Web版で個人情報流出

6月 24, 2017 | 「メルカリ」Web版で個人情報流出 はコメントを受け付けていません。

10代女性の3人に1人が利用していると言われ、現在は国内独走状態のフリマアプリ「メルカリ」。

22日、そのメルカリのWeb版で一時5万4千人分の個人情報が流出していたとのことです。同日運営企業が公式サイトで謝罪し、現在は対応が完了していることを発表。

更に経緯を説明しました。

Web版のメルカリでパフォーマンス改善のためにキャッシュサーバーの切り替えを行った後、一部顧客の情報が他社から閲覧できる状態になっていたことが顧客からの問い合わせで判明したとか。

個人情報を閲覧された可能性があるユーザーは5万4180人に及ぶと発表され、「名前・住所・メールアドレス・電話番号」「銀行口座、クレジットカードの下4桁と有効期限」などが閲覧できる状態になっていたそうです。マツダ クロカン

なお、iOSとAndroidアプリ版のユーザーの情報流出はないとのこと。

とても便利で手軽なフリマアプリとして有名なメルカリなので、Web版とアプリ版両方を利用しているユーザーもたくさんいたと思います。

クレジットカード、誕生日などの情報流出はカードの不正利用にもつながりかねないので、絶対に起こさないようにしてほしいですね。